当会が開催する、近畿税理士会研修規則第4条1項の、いわゆる認定研修の開催予定及び実施状況は以下のとおりです。
当会会員以外の税理士の方(税理士となる資格を有する方を含みます)で、当会の認定研修に参加を希望される方は、お名前、参加希望研修、連絡先を明記のうえ、FAXで下記までご連絡ください。

受講料 : 無料
連絡先 : 田中雄司税理士事務所
FAX : 078-371-1872 

神戸税経新人会税理士部会の認定研修

2021年度 第1回 事例研究会
テーマ・詳細

従業員の横領を原因とする売上計上漏れに係る仮受消費税等相当額の益金計上時期
(逆転裁決例 精選50 PartⅢ 29)
経理担当者による現金預金の着服や、営業マンによる売上金の横領などの事実が税務調査により発覚する事例も多い。会社は、売掛金の回収不能部分を損金計上する一方、その役員社員に対し損害賠償を求めた場合、当該損害賠償請求権に係る収益をいつの時点の益金の額に算入することが適切であろうか。
また、計上漏れとなった売上げに係る仮受消費税等に関しても、更正の期間制限により消費税等の更正処分が出来なくなった場合、どの時点で益金の額に算入したらよいだろうか。

開催日時 2021年6月14日(月) 18:00~
開催場所 神戸税協会館 3階中小研修室
備考

発表者:濵西 敏郎 会員

認定研修:2.5時間(申請中)

【開催延期】例会:配偶者居住権について
テーマ・詳細

配偶者居住権について

昨年4月、配偶者居住権に係る改正が施行されたのはご承知のとおりです。今回の例会では配偶者居住権の成立要件と効果、および税務上の取り扱いについて検討してまいります。

開催日時 2021年4月16日(金) 18:00~
開催場所 神戸税協会館 3階会議室
備考

講師:坂本 麻生 会員

認定研修2.5時間

【ZOOM開催】2020年度 第7回 事例研究会
テーマ・詳細

滞納後に発生した猶予該当事実による納税の猶予(逆転裁決例 精選50 PartⅢ 3)

国税通則法46条2項は納税の猶予の要件を定めているが、納税者が滞納後に発生した事実を理由に納税の猶予を申請した場合、納税の猶予は認められるのであろうか。

開催日時 2021年5月11日(火) 18:00~
開催場所 神戸市勤労会館405号室
備考

発表者:篠田 欣一 会員

認定研修:2.5時間(申請中)

【開催中止】2020年度 第5回 事例研究会
テーマ・詳細

申告義務の有無に関する不知と重加算税(逆転裁決例 精選50 PartⅢ 4)

多種多様な金融商品が登場し、それに伴い取扱いも複雑となっている証券税制は、平成13年以降、毎年改正が行われ、総合課税や源泉分離課税などが混在するなど専門家でも難解で理解しにくいものである。確定申告とは縁遠いサラリーマンや主婦が、仕事や家事の合間に始めた金融取引が成功し、多額の利益が出たが、税法に関する知識がなかったため申告しなかった場合、重加算税の対象となるのだろうか。当日は、当事案を例題として重加算税そのものについて全般的に考察していきたいと思います。

開催日時 2021年4月23日(金) 18:00~
開催場所 神戸市勤労会館403号室
備考

発表者:西田 啓治 会員

認定研修:2.5時間(申請中)

【開催中止】2020年度 第6回 事例研究会共済例会
テーマ・詳細

テーマ】いよいよ確定申告~改正点・注意点編(例会部担当)~ ~難問・疑問相談編(事例研究会担当)~

いよいよ今年も確定申告時期が近づいてきました。

そこで、事例研究会共催例会第1部として令和2年分所得税の確定申告における、改正点や注意点等を長谷川愛子会員に解説をしていただきます。

第2部では、事前に用意又は当日会員の皆様にお持ち寄り頂いた疑問について、出席者で議論する疑問相談会も行います。

日頃抱いている疑問の数々を当事例研究会共催例会でお話しください。会員皆様の多数のご参加をお待ちしております。

開催日時 2021年2月9日(火) 18:00~
開催場所 神戸市勤労会館403号室
備考

発表者:長谷川 愛子 会員  木曽 盛久 会員

認定研修:2.5時間(申請中)

【開催延期】2020年度 第5回 事例研究会
テーマ・詳細

申告義務の有無に関する不知と重加算税(逆転裁決例 精選50 PartⅢ 4)

多種多様な金融商品が登場し、それに伴い取扱いも複雑となっている証券税制は、平成13年以降、毎年改正が行われ、総合課税や源泉分離課税などが混在するなど専門家でも難解で理解しにくいものである。確定申告とは縁遠いサラリーマンや主婦が、仕事や家事の合間に始めた金融取引が成功し、多額の利益が出たが、税法に関する知識がなかったため申告しなかった場合、重加算税の対象となるのだろうか。当日は、当事案を例題として重加算税そのものについて全般的に考察していきたいと思います。

開催日時 2021年1月19日(火) 18:00~
開催場所 神戸市勤労会館403号室
備考

発表者:西田 啓治 会員

認定研修:2.5時間(申請中)

例会:税務行政ICT化などが税理士制度にもたらす影響
テーマ・詳細

税務行政ICT化などが税理士制度にもたらす影響

税務行政のICT化(Information and Communication Technology)など税理士を取り巻く環境に大きな変化が生じることが予想されます。

そこで今回の例会では税理士業界に及ぼすことが予想される影響について考えてまいります。

開催日時 2020年12月18日(金) 18:00~
開催場所 神戸市勤労会館403号室
備考

講師:坂井 昭彦 会員

認定研修2時間

例会:消費税の諸問題について
テーマ・詳細

消費税の諸問題について

令和元年10月に消費税率がアップされました。それと同時に軽減税率制度も導入されました。顧問先においては、混乱する場面も多かったと思います。一年経過した現在、消費税のおかれた状況についてみていきたいと思います。消費税を上げるときには、リーマンショック並みのことがあれば見送るとの見解でした。上げた後にリーマンショック以上と言われるコロナ禍に見舞われた今回の場合、消費税について何の措置も取らなくていいのでしょうか?また、この度の税制改正では、居住の用に供される不動産の取得には仕入税額控除は認められなくなりました。

これらの消費税に関わる諸問題について考えてみたいと思います。ただ、コロナ禍の中にあるので、検証に足りるデータが乏しいことが考えられます。もし、役立てるデータがある方は持ち寄っていただければと思います。

開催日時 2020年11月18日(水) 18:00~
開催場所 神戸市勤労会館405号室
備考

講師:篠田 欣一 会員

認定研修2.5時間

2020年度 第4回 事例研究会
テーマ・詳細

各種給付金の所得税、消費税の取り扱いの注意点

今年は、関与先で色んな給付金、保険金を得たケースが多いだろう。費用損失補填の損害保険金による修繕費は必要経費となるのか、補助金による仕入と仕入税額控除相当額の返金の必要なケース、および持続化給付金等との違いを例題として検討したいと思います。

開催日時 2020年12月9日(水) 18:00~
開催場所 神戸市勤労会館403号室
備考

発表者:浦上 立志 会員

認定研修:2.5時間(申請中)

2020年度 第3回 事例研究会
テーマ・詳細

所得税更正処分取消等請求事件

(最高裁判所第三小法廷 平成30(行ヒ)422 令和2年3月24日判決)

取引相場のない株式の譲渡に係る所得税法59条1項所定の「その時における価額」につき、配当還元価額によって評価した原審の判断に違法があるとされた事例について考察します。なお、今回の事例は「逆転裁決例 精選50 PartⅢ」所収ではありません。

開催日時 2020年11月10日(火) 18:00~
開催場所 神戸税協会館 3階中小研修室
備考

発表者:相良 博史 会員

認定研修:2.5時間(申請中)